いいわけブログ

ガジェット・スニーカー、時々テックな情報お伝えするブログ

鎮痛剤でも治らない頭痛、もしかしたらそれ片頭痛かも!?

      2016/03/14

バファリン、ナロンエース、ロキソニンなどの市販薬が効かない頭痛は片頭痛?

01_henzutsuu

どうも、酷い片頭痛持ちの筆者です。
元々幼い頃からずっと頭痛持ちで、よくナロンエースなどの一般的な市販薬を飲んでいました。
が、20代中盤辺りから頭痛薬を飲んでも全く効かない謎の頭痛に悩まされるように。

「鎮痛剤が効かない頭痛」という症状だけで素人が片頭痛と決めつけることは出来ませんが、確率的には高いのではないかと思います。
私と同じような症状で苦しんでいる方は一度内科や頭痛外来を受診されることをオススメします。

片頭痛の症状(自分の場合)

04_henzutsuu

自分の場合の症状としては、一度発作が始まると

  • こめかみ辺りを中心にドクンドクンと脈打つような激しい痛み
  • 乗物酔いのような吐き気
  • 光や音に過敏になる
  • 歩くことはおろか立つこともままならない
  • 痛みが数時間〜数日の間続く
  • 飲めない、食べられない

という感じで仕事はおろか日常生活もままならないほどの状態になります。
常用していたナロンエースが効かなくなり、もっと強力なロキソニンを服用するようになりました。
最初はロキソニンでもなんとなく効果があったように思うのですが、いつの間にか全く効かなくなるように。。。
また、片頭痛の際に普通の頭痛薬を飲むと逆に痛みが増していたような気がします。

我慢の限界がきて渋々近所の内科へ。

激しい頭痛や吐き気が数日続き、頭痛薬を飲んでも痛みが治まらないどころか逆に悪化するなど、もう自分ではどうにも出来ないと判断。
「もしかしたらこれ片頭痛なのかも?」と思い近所の内科へ行きました。
結果、まず間違いなく片頭痛でしょうとの診断が。

吐き気が酷いことを伝えると飲み薬では吐いてしまう可能性があるため、点鼻薬で対応しましょう。ということになりました。

スポンサーリンク

イミグラン点鼻薬、最強。

02_henzutsuu

病院に駆け込み診察を受け、点鼻薬を処方してもらいました。
フラフラの状態で顔面蒼白だったせいか?お医者さんから「点鼻薬を使用してしばらくベッドで横になってから帰って下さい。」と言われました。
最初は薬の効果を疑っていて、「数日の間ずっと片頭痛が続いたのに点鼻薬一つですぐに良くなるわけがない。」と思っていました。
ところが「イミグラン点鼻液20」を使用し病院のベッドで横になって20分前後で今までの苦しみが嘘のように一気に症状が回復。
そのまま晴れ晴れとした気分で帰宅したのでした。

イミグラン点鼻液20、自分にとっては最強です。
それからというもの、片頭痛になると市販の鎮痛剤を服用するのではなく、病院で処方されたイミグラン点鼻液を使うようになりました。
1回分の値段が少々高いのですが、普通の鎮痛剤を飲んで症状が治らず苦しい思いをして、さらにお金まで無駄にするよりは全然マシです。

それと「効果のある片頭痛薬が手元にある」という事で心理的な負担が軽減されます。
いつ起こるかわからない片頭痛の発作に怯えていましたが、現在は常備薬のような感じで定期的に片頭痛薬を処方して頂いているためそんな恐怖ともおさらばです。

頭痛が起こる原因を思い出してみる(自分の場合。)

05_henzutsuu

頭痛が起こる直前の行動で「これが原因では?」と思うものをいくつか挙げていきます。

  • 睡眠不足の日
  • 寝過ぎてしまった日
  • 暖かい屋内から突然寒い屋外へ出た時(寒暖差)
  • アルコールやカフェイン飲料を飲み過ぎた時
  • 食事をとるのを忘れた時
  • 雨の日(気圧の変化)
  • ストレスがかかった時(緊張型頭痛?)
  • 長時間同じ体勢で映画や海外ドラマを観続けて肩周辺の筋肉が凝っている時(緊張型頭痛?)

自分の場合、発作が一番多く出るのは寝過ぎてしまった時ですね。
三度の飯より睡眠が好きなので、疲れて帰宅した日や休日は普段よりも多く睡眠をとります。
休日の二度寝三度寝は当たり前です。
が、どうもその寝過ぎは片頭痛に良くないようです。
睡眠をとると緊張が解れ、血流が良くなり血管が拡張、結果「こめかみ辺りを中心にドクンドクンと脈打つような激しい痛み」が出てしまうとのこと。

それと色々調べてみたのですが、「長時間同じ体勢でいた時」は片頭痛ではなく緊張型頭痛である可能性が高いようです。
なんだかこの記事書いてて面倒なことになってきました。。。

片頭痛と緊張型頭痛、二つの頭痛の原因を併せ持っている私は混合型頭痛なのかなと思っています。

スポンサーリンク

薬以外で治す方法は?自分には効果があったもの。

片頭痛でググると色々な治療法が見つかります。
拡張した血管を抑えるために冷却グッズで患部を冷やす、というのが自分には少しだけ効果がありました。
また、お風呂に入ると血行が良くなり痛みが酷くなるのでシャワーだけにするのも効果があるようです。
ただし逆に緊張型頭痛の場合は患部を温めたり、お風呂に入るのが有効とのこと。

混合型頭痛の自分には正直かなりややこしいです。
頭痛の発作が起きた際に片頭痛なのか緊張型頭痛なのか判断する余裕なんてないです。

簡単に判断するコツとして、「おじぎをして頭痛が酷くなるようなら片頭痛、変わらないなら緊張型頭痛」という方法があるようです。
これはまだ自分では試していないので今後発作が起きた際にテストしてみます。

自分の場合、片頭痛には片頭痛薬しか効かない。

上で薬以外で片頭痛を治す方法を書きましたが、少しは効果があっても完璧に良くなるという事はありませんでした。
人によりけりだと思いますが、自分の場合は片頭痛には片頭痛薬しか効かないです。
効かない市販薬を飲んだり、効果が少ない対処法を試してずっと苦しんでいるのであればサッサと片頭痛薬でラクになった方がいいです。

発作頻度が高く重症化している場合。普段から服用する片頭痛予防薬がある。

03_henzutsuu

片頭痛の発作が起こり点鼻薬で対処しても、また数日後に発作を繰り返すという最悪のループに陥った時期がありました。
その際に片頭痛予防薬を処方して頂きました。
それがミグシス錠5mgというお薬です。

ミグシスについても調べたのですが、処方されるのは発作頻度が高く重症化している人の場合が多いようです。汗汗汗
片頭痛か緊張型頭痛かわからない混合型の場合にも処方されるとのこと。

発作が起きてからでは効果が無い予防薬ですので、用法(朝と夜)を守ってしっかり飲むようにしています。
ミグシスをちゃんと服用している間は発作はほとんど起きずに済んでいるので自分には効果があるようです。
今後いつこの片頭痛予防薬をやめるのかはお医者さんと相談して決めることになると思います。

まとめ

片頭痛についての記事を書きながら、自分の症状や原因をまとめ、処方された薬などを調べていました。
調べていくうちに実は頭痛には種類があり、片頭痛と緊張型頭痛、さらに両方を併せ持った混合型頭痛があるという事がわかりました。(さらに「群発頭痛」なるものまであるとのこと。。。)
対処法は「片頭痛には冷やす」、「緊張型頭痛には温める」など全く逆の方法で、薬もそれぞれ効くものとそうでないものがあるようです。

調べれば調べるほどドンドン情報が出てきてちょっと混乱してますが、とにかく!症状や原因をリストアップして照らし合わせ自分がどのタイプの頭痛なのか見極めることが大事だと感じました。
「もしかしてこっちの頭痛かな?」と思ったらその頭痛への対処法や薬を試し、もし効果がなければまた別の頭痛の治療方法を、という感じで地道に絞り込んでいくしかないです。

 - 病気 , ,