東京メトロでUQ WiMAXが使えるようになったので試してみた(永田町付近)

先週あたりからニュースになっていましたが、昨日5月28日から東京メトロ全線でUQ WiMAXが利用できるようになったそうです。
ケータイ Watch: 東京メトロ全線で「WiMAX」開通、その仕組みは?
WiMAXは3年近く使ってるんですけどね、「そういえば地下鉄で使ったこと無いな、そもそも地下鉄の駅構内で繋がってもなぁ」などと考えてました。
利用用途が「地下鉄内(駅構内含め)でLTE・3Gが使えない状況」くらいしか思いつかないのですよね・・・。

ちょっと永田町付近でちょっと試してみた

それで一応、通勤で有楽町線を使ってるので「桜田門 〜 永田町 〜 麹町」と永田町付近で軽く計測してみました。
使用したモバイルルーター: URoad-SS10

桜田門 〜 永田町

ニュース見る限りトンネル内にも指向性アンテナで飛ばしてるようだったので、試しに車内から移動中に計測してみました。
sakuradamon-nagatachou
Download: 3.33 Mbps
Upload: 0.46 Mbps
Ping: 93ms
大して期待してなかったですが、まぁとりあえず計測できただけいいかな、といった感じ。
やはり途中で通信断になったりするので、カーブが多いトンネルとかはダメなのかぁ。

永田町 駅構内

次に永田町駅(有楽町線)構内で計測
uroad-ss10
ちゃんと通信できてますね。
nagatachou-home
Download: 13.13 Mpbs
Upload: 5.20 Mbps
Ping: 77ms
駅構内はやはりそこそこ出るようですね。
これくらいでれば、駅のベンチで仕事できそうです。
しないですけど。

永田町 〜 麹町

最後に永田町から麹町のトンネル内から移動中に計測。
nagatachou-koujimachi
Download: 5.24 Mbps
Upload: 1.90 Mbps
Ping: 165 ms
やはりトンネル内はこんなものでしょうか。
とりあえず結果としては、駅構内であればちゃんと繋がるようなので、地下鉄内で急にMacbook広げて作業しなきゃいけなくなった時にはいいかもしれませんね。そんな事は稀ですけども。
それと、構内で無指向アンテナと指向性アンテナを探してみたけど見つからなかったです。どこに設置してあるのか謎。
※ 計測に関してはURoad-SS10自体の感度もあるでしょうし、通勤時に軽くチェックした程度なのでご容赦を。

WiMAXルーター1円、送料0円。月額3853.5円

EC2インスタンスが突然起動しなくなったのでメモ

以前投稿した、「Python Botoでスケジューリング」的なので回してたサーバが突如起動しなくなりました。
何度か起動を試みましたが、Stateが「Pending」から進まず結局「Stopped」になってしまいます。
業務で必要なサーバだったので、取り急ぎ以下の方法で実施。
1 該当のEIPをDissassociate Address
2 起動しないインスタンスから「Create Image(EBS AMI)」
3 諸事情によりPrivateIPが変更できないので、起動しないインスタンスを一旦Terminate
4 AMIsで先ほど作ったイメージから新たにLaunch
5 起動したインスタンスに、先ほどTerminateしたインスタンスのPrivateIP付与
6 EIPを起動したインスタンスに付与
以上
よくよく考えたら、別のインスタンスからこのVolumeマウントできるか試しても良かったなと思いました。もう後の祭りだけど。

広告でやたら見かけるNewRelicのTシャツをゲットしてみた。

最近やたら広告で見かける、このNewRelicの広告
NewRelic
18210049523014363988
New Relic自体はサーバ監視・パフォーマンス監視などが行えるサービスです。
アプリケーションのパフォーマンスを見るのに非常に便利なサービスだと思いますが、それは片隅に置いて「このいかしたTシャツ欲しい!」というだけで登録してみた次第です。

どうやってTシャツをゲットするか?

どうという事は無く、アカウント作ってサーバーにモジュールインストールすればオッケーです。
アカウント作成、インストールの仕方は別のサイトでも紹介していると思うので割愛。
管理画面にも、さくっとインストールできるコマンドも載ってるので、そんなに面倒ではなかったです。
newrelic-install1
上の画像は、ubuntu用のインストール方法です。
ちなみに私のインストール環境は、Nginx+php-fpmですが問題なくインストールできました。
詳しくはこのあたりを見ると良いです。
Quick Installation Instructions (Advanced Users)

インストール後、しばらくするとメールが飛んでくる。

こんなメールです。
newrelic-email2
Tシャツゲットしたかったらここにアクセスしてね!的な事が書いてあります(たぶんね)
言われた通りこのURLに飛ぶと・・・
newrelic-form1
上のページに飛びます。男性用・女性用ちゃんと用意してるんですねぇ。
あとはサイズを選択、ちなみに私は175cmの中肉中背でありますが、どうせアメリカンサイズだろうなーと思い、男性用のSサイズを選択しました。
このあと住所の入力あったと思ったけど、キャプチャ忘れました・・・。でもまぁ一応ちゃんと手元に届いてるのでご安心を。
これが2013/4/24の出来事。

大体1ヶ月で届いたNerdLifeTシャツ

2013/5/20に届きました。大体1ヶ月弱といったところですかね。
以下、iphoneで撮った&技術無くて微妙ですが、一応開封写真です。
nerdlife1
ビニール1枚という簡易さ!Amazonも見習って欲しい。
 
nerdlife2
ペロッと出てきました。
 
nerdlife3
Sサイズなのにこのデカさ・・・やっぱSサイズで正解でしたね。
 
nerdlife4
背面はNewRelicロゴ、オシャレ!
 
nerdlife5
NerdLife、ゴツい!
もっとチャチい作りなのかと思ったんですが、意外としっかりしてるので、これは今夏はヘビーローテーションできそうな予感。
あ、NewRelicのサービス自体も、アプリのパフォーマンスチェック等に使っていきたいと思います。
あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実

Unixstickersでギークなステッカーを手に入れてみた

最近コードを書いていないので、ちょっと閑話休題。
というか、フリーランスという働き方のためか、ずっとコード書いている訳ではないので書きたくても書け無い時もあるのです。
よく渋谷や原宿辺りのオシャレなカフェやノマドカフェ行くと、オープンエアでMacBookを広げてノマドライフを満喫している方々がいますが、決まってこれまたオシャレなWebサービスのロゴステッカーなんかを貼ってドヤッてますよね。
自分のMacBookにもああ言うのを貼りたいけど、どうせならギークでわかる人にはわかるような素敵なステッカー貼りたいなーと思って探してました。
で、行き着いたのがUnixstickersです。
ここは$0.69〜と安価で種類が豊富、更にVimステッカーまで置いてあります!
とてもとても安価なんですが、結局自分は「あれもこれも」と思いながら色々カートに突っ込んで、大体$30弱買ってしまいましたorz
支払いはPaypalなので問題無し、問題は日本国内届くのかな・・・と思いながら待つ事2週間・・・。
unixstickers
じゃーん、案外簡単に買えました。
頼んでから、Vimステッカー3枚はいらないかなーと後悔しつつ、まぁ布教用にあっても困らないかと思う次第。あとPHPのゾウがいかしてますね。ゾウカワイイよゾウ。
Pythonステッカーはモヒカンな人たちに目を付けられそうなので、目に付かないところに貼ってニヤニヤしたいと思います。