[純喫茶でいこうよ!]その2 神保町「さぼうる」編

神保町の喫茶店と言えば「さぼうる」というぐらいの超有名人気店

どうも@iiwakeです。
あの街この街の古き良き喫茶店を訪ねる企画「純喫茶でいこうよ!」第2回目は、古本屋街神保町で喫茶店行く人なら知らない人の方が少ないんじゃないか?と思われる超有名人気店「さぼうる」でございます。
なんと1955年(昭和30年)創業!!
ということで60年以上続く常連さんにも遠方の純喫茶好きにも愛される重要文化財的なお店です。
都営三田線のA7出口を出てすぐの場所にある山小屋風の良い感じのお店。
001_jinbouchou_sabouru_junkissaかなり味のある入り口。手作り感満載の屋根とか謎のトーテムポール、道に突き出さんばかりの大きな木が印象的です。赤い公衆電話も雰囲気ありますね。
 
002_jinbouchou_sabouru_junkissaこのごちゃごちゃ感のある密度がいいですね。
 
003_jinbouchou_sabouru_junkissa正面から。外からはお店の様子は全然わかりません。外観が謎な雰囲気なので初めての人は入店するのにちょっと勇気いるかもですね。平日の午後3時ぐらいに行ったのですが外にお客さんが並んでいました。混雑時は結構ずらーっと人が並ぶのでお昼時は避けた方がいいかもですね。
 
004_jinbouchou_sabouru_junkissaモーニングは午前11時まで。朝の客先訪問の前なんかに行くといいかもです。(全然関係ないけどトウモロコシとかぶら下がってる…)
 
005_jinbouchou_sabouru_junkissaお店の看板です。赤いので居酒屋さんのようにも見えますね。。。ちなみに「さぼうる」の意味は「サボる」ではなく、スペイン語で「SABOR→味・旨味」という意味なんだそうです。まぁでも喫茶店てサボるためにあるよう気もするので(お)個人的には「サボる」の方がよかったな。サボり好きなもので、つい。
 

なんかアトラクションみたい!さぼうるの店内写真をどうぞ!

入り口を入ると急に薄暗い店内に突入。
照明は控えめで、店内が複雑に入り組んでいてかなり狭目です。
ただその雰囲気が逆に楽しくて、ディズニーのアトラクション的なワクワク感がありました。
006_jinbouchou_sabouru_junkissa二人席。ほんとにこんな感じで薄暗いです。荷物の置き場に困っていたら「そこのトーテムポールに乗せちゃってください」とのことwwwそういう使い方なのねwww
  
007_jinbouchou_sabouru_junkissa客席はレンガで仕切られていて、そこから急に木が飛び出してたりと面白い作りになってます。
  
008_jinbouchou_sabouru_junkissa所々控えめのランプで照らされています。これが良い雰囲気なんですよ。落ち着いてじっくり話せそう。
009_jinbouchou_sabouru_junkissaそこら中年季入りまくりでタバコのヤニなのか全体的に茶色いです。
 
010_jinbouchou_sabouru_junkissaこれが「荷物置いちゃっていいですよ。」って言われたトーテムポールくん。こんなのどっから持ってきたんでしょうか。。。
 
011_jinbouchou_sabouru_junkissa水を撮ってるだけなのになぜか絵になってしまうという。
 
 
012_jinbouchou_sabouru_junkissaレンガにはものすごい量の落書きがされています。これもお店の名物になっているようで、書くと願いがかなうんだとか。僕も描きたかったんですけど気が引けたのと白ペン持ってなかったので断念しました。そもそも勝手に書いていいのかよくわからない。いや、書いても怒られないからこんだけ増えたんですよねwww
013_jinbouchou_sabouru_junkissa飲み物はアイスコーヒーにしました。
 

名物のチーズドックが美味しい!

014_jinbouchou_sabouru_junkissaまずは名物のチーズドック(300円)から。ワッフルの中にチーズが入ってます。たい焼きのあんこをチーズに変えたみたいな感じの味かな。
  
015_jinbouchou_sabouru_junkissa半分に割るとチーズがとろ〜り出てきます。
 
015_jinbouchou_sabouru_junkissa小ぶりであっさりしてるのでパクパク食べ進んじゃいます。美味しくてあっという間に食べちゃいました。これは来る度に毎回注文したくなります。
 

ボリューム満点なピザトースト!

017_jinbouchou_sabouru_junkissaお次はすごいボリュームのピザトースト大(700円)。分厚い食パンにピザの具が乗ってます。
 
018_jinbouchou_sabouru_junkissa寄りで。トロトロのチーズがたまらんす。お腹空かせて行ったのでペロリと平らげてしまいました。女性には500円の中サイズもあるのでどうぞ。

調子に乗ってサンドイッチも食べちゃいました。

019_jinbouchou_sabouru_junkissaピザトーストを食べたら余計に食欲が刺激されてミックスサンド(ハム、野菜、卵)600円を追加で注文してしまいました。
 
020_jinbouchou_sabouru_junkissa野菜サンド。結構カラシが効いてました。
 
021_jinbouchou_sabouru_junkissa卵サンド。小さく切り分けられているのでたべやすいですよ。
022_jinbouchou_sabouru_junkissaハムサンド。バクバク食べちゃいました。
 

まとめ

というわけで神保町の超有名純喫茶「さぼうる」をご紹介しました。
純喫茶好きにはたまらない雰囲気です。
店内は狭いけど薄暗くていびつな感じが魅力的。
店主さんは結構有名な方で人柄も良く気軽に写真撮影などに応じてくれるそうですよ。
というわけで古き良き純喫茶好きの聖地、神保町さぼうるでした!

さぼうの隣には食事専門のさぼうる2もアリ!

今回、本当はお隣の「さぼうる2」に行こうと思っていたんですが、あいにく長蛇の列が出来ていたので諦めました。
さぼうる2は食事専門のお店で名物のボリューム満点の巨大ナポリタン、スパゲティー、カレーなどがお手頃価格で食べられます。
お腹が空いていてさぼうる2に行列が出来ていなかったら是非そちらにも足を運んでみてください。
僕も悔しいので近々リベンジしたいと思ってます!

神保町「さぼうる」店舗情報

さぼうる
〒101-0051 東京都千代田区、神田神保町1−11
都営三田線「神保町駅A7出口」を出てすぐ
03-3291-8404
営業時間:[月~土]
9:00~23:00
(モーニングタイム9:00~11:00)
定休日:日曜日、祝日不定休

[純喫茶でいこうよ!]その1 浅草橋「ゆうらく」編

スタバ?サードウェーブ・コーヒー?ブルーボトル?いやいや今こそ純喫茶でしょ!

どうもコーヒー大好き@iiwakeです。
なんか今「サードウェーブ・コーヒー」とかいう言葉が流行ってるとか。
調べてみると3回目のコーヒーブームだから「サードウェーブ」らしいですね。
去年2月に「コーヒー界のApple」なんて呼ばれてるブルーボトルコーヒーが日本に上陸した辺りからそんな言葉を耳にするようになりました。
その時の様子がこちら


おぉ…めっちゃ並んでる…
さすがに今は落ち着いてると思いますが、ちょっとこういうの見ると正直ウンザリなひねくれ中年です。
コーヒーについてはど素人なので味の違いは全くわかりません。
飲めればいいぐらいの勢いです。
普段は主にドトールコーヒーで結構満足しちゃってます。
ファミレスのドリンクバーのコーヒーでも全然OKっす。

ある時打ち合わせで地元の純喫茶に入ったらめちゃめちゃよかった

仕事の打ち合わせでいつものようにドトールコーヒーに入ろうとしたんですが満席。
仕方なくお店を探してウロチョロしてたんですが、地元の常連が利用するようないわゆる「純喫茶」を見つけました。
ビビりなので普段だったら入りにくそうなお店は避けるんですが、雨も降ってたし時間も押してたので恐る恐る入店。
しかし入ってみてビックリ、寂れた商店街のちょっと古いお店なのに店内は人で賑わってました。
雰囲気も良かったです。
お店の外観だけで判断しちゃダメだなと思いました。

純喫茶の気取らない感じと家庭料理みたいなメニューにやられる

純喫茶の好きなところは軽食や定食のメニューが思いっきり家庭料理全開なところです。
スタバであんまり美味しくないスコーン食ったり、オシャレカフェで女子受け狙ってInstagramに投稿したくなっちゃうようなランチもいいですが、おかんが作ってくれるような家庭的メニューもいいじゃないですか。

というわけで各地にある純喫茶の魅力を伝える新企画「純喫茶でいこうよ!」スタートです!

はい、というわけで前置きが長くなってしまいましたが、あの街この街にある純喫茶を訪ね歩く企画、
その名も「純喫茶で行こうよ!」、スタートでございます!

記念すべき第一回目のお店は浅草橋駅にある純喫茶「ゆうらく/有楽」

別のエントリーでも書く予定なんですが、緒事情があって浅草橋駅に行きました。
初浅草橋。
用事を済ませてさっそくお目当ての純喫茶に到着。
まずはお店の外観からチェックしていきまましょう。
002_asakusabashi_yuuraku_junkissa外からだと店内があまりよく見えませんが。これですよこれ。
 
001_asakusabashi_yuuraku_junkissa「ゆうらく」のフォントも良いっすね。
  
003_asakusabashi_yuuraku_junkissa縦構図で。看板とかメニューも手書きで味があります。
 
004_asakusabashi_yuuraku_junkissa正面から。なんですかね、上下の白タイルが時代を感じさせるのかな?ドアの前の段差に心理的壁があってまたそこが逆に良いんです。
  
005_asakusabashi_yuuraku_junkissa業務用コーヒーの卸「チモト」の看板。
 
006_asakusabashi_yuuraku_junkissa頭上の看板。深緑が昭和っぽい。お店の表記が「有楽」、「ゆうらく」と統一してない感も好みっす。
 

店内の様子を見ていきましょう!

外観で既に写真多いですが、次に内装を見ていきましょう。
007_asakusabashi_yuuraku_junkissaどうですかこの雰囲気!純喫茶好きにはたまらんでしょう?
 
008_asakusabashi_yuuraku_junkissa茶色の革製ソファにゆったりと座れます。
 
009_asakusabashi_yuuraku_junkissa店内は結構、というかかなり広くてどこの席に座ろうか迷いましたが端っこ好きなのでこんな感じの席にしました。
 
010_asakusabashi_yuuraku_junkissaソファ、テーブル、カーテン、壁、フロアマット、狙って出せない雰囲気。これぞ純喫茶の醍醐味。
 
011_asakusabashi_yuuraku_junkissa右のこの無数の鉄パイプ、なんなんですかね?なんか気になる。。。
 
012_asakusabashi_yuuraku_junkissaレジ前。照明の感じも良いです。
 
013_asakusabashi_yuuraku_junkissa天井のこの丸っこいのも不思議なデザインですね。鉄パイプ含めこういうの今なかなか見れないでしょう。
 
014_asakusabashi_yuuraku_junkissaカーペットの緑とか汚れ具合とかもう。(お)
 
015_asakusabashi_yuuraku_junkissa手書きメニュー。ピラフにドライカレー、カレーにスパゲティー。結構バラエティー豊かです。
 
016_asakusabashi_yuuraku_junkissaちょっとダークな印象の絵が飾られてたり。
 
017_asakusabashi_yuuraku_junkissa愛煙家に朗報!喫煙OKっすよ!
 
018_asakusabashi_yuuraku_junkissaなんか壁が凸凹してて不思議です。色も長年のヤニのせいか年季入ってます。
   
019_asakusabashi_yuuraku_junkissaたまたま暑い日で歩き回ってたのでアイスコーヒーにしました。
 
020_asakusabashi_yuuraku_junkissaコースターまで昭和。金属っぽい見た目なんですけど違いました。
 
021_asakusabashi_yuuraku_junkissaフレンチトーストセット(600円)を頼みました。食パン2枚分で良心的なお値段です。バターとメープルシロップ付き。
  
022_asakusabashi_yuuraku_junkissa食パンの表面には砂糖がたっぷり。これホントに結構な量で、食べててむせました(笑)でも別にネガティブではなく美味しいです。
  
023_asakusabashi_yuuraku_junkissaバターをのせてメープルシロップをかけたら色が一気にオレンジ寄りになりました。
 
024_asakusabashi_yuuraku_junkissaマクロで。美味しいしわりとボリュームもあってお腹いっぱいになりました。これで600円は大満足です。
 
025_asakusabashi_yuuraku_junkissaおまけでiPhoneのパノラマ写真を。大体どんな感じの店内かお分かり頂けたでしょうか。
 

まとめ

純喫茶ゆうらくの良いなと思ったところ
・店内が広い!(席数60なので満席で入れない事がなさそうです。あくまでも予想ですが。)
・昭和なレトロな雰囲気がたまらない
・僕は吸わなですけど喫煙OKですよ
・フレンチトーストセットは美味しいしお得!
・マスターの人柄が良い
というわけで記念すべき第一回「純喫茶でいこうよ!」、いかがだったでしょうか。
ブログ記事を書くために行ったんですがすっかり楽しんでる自分がいました。
今度はパスタとか別のメニューも頼んでみたいですね。
第2回目は取材済みなので次回をお楽しみに!
それでは!

浅草橋 純喫茶「有楽/ゆうらく」店舗情報

ゆうらく
東京都台東区浅草橋1丁目2−10
03-3861-9570
営業時間:[月~金]
7:00~19:00
(モーニングタイム7:00~10:30)
(ランチタイム11:00~14:30) 
[土曜日]
11:00~16:00
朝食営業、ランチ営業
定休日:第3土曜日、日、祝日